私は今年で40歳になるサラリーマンです。もともとアンチエイジングなどとは考えもしませんでしたが、ここ2年ほど自分でも気を遣うようになりました。

それというのも子供が2人とも高校生になり、おしゃれと共にいつまでも若くいてほしいと希望するようになったからです。そんな私のアンチエイジングは、お肌の面と肉体面の2つあります。

まずお肌ですなのですが、正直なところ中学・高校・大学はテニス、就職してからは年間30ラウンドのゴルフと、これだけ屋外に出ているにも関わらず、日焼け止めなどを一切塗ったことがありませんでした。

ですから、気がつくと細かいシミが少しずつ出てきたわけです。

さすがにシミを消すことはできないので、これ以上増やさないために今では長袖のアンダーウェアの着用を必須として、帽子・サングラスとそして日焼け止めを塗ることにしています。

たとえばゴルフでは朝のプレイ前に1回、お昼に1回という具合です。またゴルフ以外でも、夏用のポロシャツは紫外線カットの効用があるモデルを極力買うようにしています。

そして女性用ですが、乳液や肌水なども積極的に活用しています。男性ですが肌にハリやツヤが出ることに驚いています。

次に運動なのですが、ゴルフ以外の運動をしていないがためにもちろんのことながら少しずつお腹は出てきて、体型にも崩れが見えはじめました。

ですから少しでも若くいられるように、今はウォーキングをしています。それも毎日10000歩です。最初はきつかったですが、慣れてきた今では全く苦になりません。

さらに趣味のゴルフにかこつけて、腕立て伏せ50回・腹筋50回・背筋50回も毎日行っています。まさしくこれこそがアンチエイジングで、数年前より確実に若返りました。

こうしてお肌の面や肉体面、この2つでアンチエイジングの取り組みを継続していますが、若く見せるという意味では白髪染めやファッションも欠かせないポイントになってきます。

本筋とははずれるところですが、これからも引き続きトータルでアンチエイジングの取り組みにしたいと思います。

全体的にたるんできた顔をどうにかする為に!

30代も半ばになり、それは突然やってきました。

始めは目尻に沢山小じわがあるのを見つけ、おや?と思っていた程度だったのですが、その後に目立ってきたのはほうれい線、それを消そう舌を回してエクササイズしていたら、今度は全体が下がってきたような感じになり、顔が四角くなってきました。

まるでブルドックを想像させるような感じです。

これはまずいと思いありとあらゆる方法のマッサージ方法を探して、顔をマッサージしていたのですが、マッサージをしすぎたのが良くなかったのか、今度は口の脇にロボットみたいな線が。

驚くほど加速していく老化現象に、このままではまずい!と思い自分で色々試しましたが、自分の力ではどうにも出来ないのかもしれない、でもエステに通うお金も無いしと少し諦めが入ってきました。

自宅でエステをやっている友達に相談したら、海外にあるリフトアップのクリームが良いとのことで、そのコスメを紹介してもらいました。

それはビビアンスーが宣伝している、フェイスリフティングクリームでした。あの美貌をキープしているビビアンスーが宣伝しているのなら、と試して見ることにしました。

使い方は、夜寝る前に適量を頬や顎のところに塗るだけで、塗った部分がスーッとして内側から肌が引き締められるような感覚になりました。

効果は一週間ほどしてから感じ始めたのですが、ブルドックの部分が心なしか持ち上がり、下がった顎の二重のラインも消えてきた感じです。

私としてもこんなに早く効果を実感できるとは思わなかったので、嬉しかったです。それから毎回塗るごとに友達から教わった方法で、頬から首にかけて意識してリンパを流すようにマッサージするようにしました。

そして笑うとくっきりと線が見えていたほうれい線も、習慣化させたリフトアップクリームとマッサージのおかげで、だいぶ薄くなりました。

朝のマッサージも効果的らしく、同じようにほおから首にかけてリンパを流しています。これをやると化粧の仕上がりが全然違います。

これからまた悩むべき老化現象は襲ってくるとは思いますが、この方法を毎日続けてアンチエイジングに励みたいと思います。

ゴマとルイボスティーで若返りを目指す!

40代に入ってから体の衰えだけでなく、シミ・シワ・たるみなどのお肌の衰え、つややコシが失われた髪の衰えを感じるようになりました。

加齢による衰えはしょうがないと思いつつも、やはり少しでも老化を食い止め美しく歳を重ねていきたいと思うのは、女性ならば誰でも同じですよね。

アンチエイジングを目指すなら、お肌のお手入れだけでなく食生活にも気をつけてカラダの中から若返ることが大切です。

そこで私は抗酸化作用がありアンチエイジング効果がある食材として、ゴマを積極的に摂るようにしています。

ゴマはビタミンEを多く含み、動脈硬化や高コレステロール、高血圧予防の効果もあり、食物繊維も豊富に含まれるので便秘解消にもなります。

またビタミンEの効果で新陳代謝が活発になり、蓄積されたメラニンが排出されて生き生きとした美肌になることができます。ゴマは美容と健康、そしてアンチエイジングにうれしい効果がたくさんありますね。

いりゴマとすりゴマを常備しておくと、どんな料理にも手軽にさっとかけられるので、とても便利です。

肉料理、魚料理、煮物やおひたしなどにもさっとかけられますし、うどん、そば、ラーメンにもとてもよく合いますので、とっても手軽なアンチエイジング法でおすすめです。

そしてもう一つ、わたしが実践しているのはルイボスティーを飲むことです。

このルイボスティーは「南アフリカの奇跡のお茶」といわれ、「不老長寿の飲み物」ともいわれてきました。(参考ページ:ルイボスティーのアンチエイジング効果 他を凌駕する秘密の成分とは?

不妊症に効果があることでも知られていますが、ポリフェノールとフラノボイドが豊富に含まれとても抗酸化作用が大きいそうです。

体内の悪玉活性酸素を除去して、シミやそばかすを予防するといううれしい効果がありますし、味もすっきりしていて飲みやすく、ノンカフェインなので寝る前でも安心して飲むことができますね。

エイジングケアというと、高いエイジング用の化粧品などでケアすることに集中しがちですが、バランスのとれた食生活とエイジング効果のある食べ物で、体の中から若返りたいですね。

40代後半から必死に頑張ってアンチエイジング

私は40代後半になって、アンチエイジングが最近の日々のテーマです。

このアンチエイジングとは、加齢に伴う肌の老化などの症状の予防と治癒をすることです。例えば、シミやしわやたるみやくすみや毛穴開きなどです。

目じりや口や鼻の周りが気になるポイントです。それらがあると毎日の人とのコミュニケ―ションの中で見られているかなと、とても気になるものです。

それらは主に、老化と紫外線とメラニンくすみが原因になります。肌の老化の原因とされているのはホルモンレベルの低下や、ストレスや細胞機能と免疫力の低下です。

これらの対策としては、サプリメントを取り入れるとか運動療法とか生活習慣の改善とか薬物療法などがあるみたいです。

私なんかは、リコピンが豊富に含まれるトマトを意識して取り入れたり、ポリフエノールを含むリンゴ・ブドウなどをとるようにしていますが、中々毎日は困難なのでいつも必ず野菜ジュースは1本飲むようにしています。1本ならば無理なく取り入れる事は出来ます。

また私は、それらの予防にはスキンケア化粧品がいいと思います。スキンケア化粧品はお肌のエイジングケアと、角質ケアと保湿ケアと紫外線ケアもしてくれる優れものです。

毎日使用していると、保湿成分によって目じりのしわが目立たなくなりました。それに加えてすっかりニキビもできにくくなったような気がします。

また嬉しいことに乾燥肌が保湿されることによって、ハリと弾力と引き締め効果があるようです。

更に40代になったら、年齢用美容液がお勧めらしいのです。これは数回使用するだけで目元にハリが出てくるらしいのです。肌にハリが出来て毛穴開きを解消してくれるのであれば、使用してみようと思います。

そして40代後半になって改めて感じることは、肌のくすみです。それはアイシャドーのグラデーションが上手く作れないとか、クリアな口紅の色が合わないなどと感じる時です。

だから肌のくすみを取り、疲れた肌を助けるためにもスキンケアしなければならないと日々思っています。